タンタン麺の歴史

タンタン麺の歴史

日本ではタンタン麺は、「坦々麺」と書きますが本当は「担担麺」が正しいのです。その意味は、後でも書きますが中国四川省の成都で天秤棒を『担いで』売り歩いていた事から担担麺と言う名前になったそうです。

もともと、天秤棒を担いで売り歩いていた料理で、スープを大量に持ち歩くのは困難であったことから、「汁なし」が原型だそうです。

スープが十分に入った「汁あり」は、日本で普及した担担麺です。しかし、現在では中国大陸の四川料理店でも、スープのある「汁あり」を用意しているところも多いです。

僕自身も年に1~2回ほど香港に行くのですが香港式は、もちろん「汁あり」も「汁なし」もあるのですが一番多いのは2つをミックスした感じの「少し汁あり」みたいな担担麺が多いです。これはこれで美味しいですよ。

カレンダー
  • 今日
  • 休業日

年末年始は商品の発送・メールの配信が出来ません。

休業日に入ったご注文・お問い合わせメールは休業日明けに順番にお送りさせて頂きます。

店舗情報

何かご不明な点、ご意見ございましたらお気軽にメールください。

shopmaster@cyu-kadekirei.com

店長中島 三鐘

会員募集中!!

 会員登録で100ポイントプレゼント

しかもお客様の声を入れて頂くとプラス300ポイントプレゼント

合わせて400円分のポイント

クレジットカード決済システム

 

QR

ページトップへ